【2019年買ってよかったもの】作業環境をノートパソコンからiPadに変えて作業効率爆上がり

webライター
この記事は約4分で読めます。

12月になり2019年も残りわずかとなりました。
皆さんは今年買ってよかったと思えるモノと出会えましたか?
僕は今年あまり買い物をしなかったのですが、心の底から買ってよかったと思えるアイテムがあります。今回は買ってよかったと思えたアイテムについて紹介。

買ってよかったもの

  • iPad Air3
  • Smart Keyboard

買ってよかったアイテム

2019年に僕が買ってよかったアイテムは、以下の2つ。
それぞれどのような使い方をしているのかを紹介します。

iPad Air3

iPadは本当に買ってよかったと思えるアイテム。
僕は普段webライターやブログ記事作成の為にノートパソコンを使っていました。
スマホでもできないことはなかったのですが、長い文章を書く時や記事の編集をする時はどうしてもパソコンが必要だったんです。
しかしiPadを買ってからは、今までやっていた作業は全てiPadのみでできています。

iPadで普段していること

  • webライター業
  • ブログ記事作成
  • 画像編集
  • 動画視聴
Amazon | Apple iPad Air (10.5インチ, Wi-Fi, 64GB) - スペースグレイ (最新モデル) | Apple(アップル) | タブレット 通販
Apple iPad Air (10.5インチ, Wi-Fi, 64GB) - スペースグレイ (最新モデル)がタブレットストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

Smart Keyboard

iPadでwebライター業だったりブログ記事作成をしていく上で、僕が必須だと思っているキーボード。iPad画面上のキーボードでも書けない事はないけど、それだったらiPhoneとそこまで効率が変わりません。

そこでiPadと合わせて、Apple公式の専用アクセサリであるSmart Keybordを購入しました。
専用アクセサリだけあって、使い心地は申し分なし。
MacBookなどのキーボードと同じショートカットが使えるので、キーボードなしの場合に比べてかなり効率的に作業することができます。

Amazon.co.jp: Apple Smart Keyboard(10.2インチiPad、10.5インチiPad Air、10.5インチiPad Pro用)- 日本語 JIS/MPTL2J/A
Amazon.co.jp: Apple Smart Keyboard(10.2インチiPad、10.5インチiPad Air、10.5インチiPad Pro用)- 日本語 JIS/MPTL2J/A

買ってよかった理由

今年買って良かったアイテムにiPad Air3とSmart Keybordを挙げた理由は3つ

  • 起動するハードルが低い
  • 機動力が段違い
  • アップデートによって進化したiPad OS

用途によっては、向き不向きがあります。
僕の場合はパソコンだけではなく、iPadでもできる作業でした。

2019年3月に発売されたモデルですが、その時にはiPad OSの噂は出ていたのですぐ買ってみることに!
作業で使ってみると、その使い心地に魅了されています。

それでは、買って良かったと思える理由について解説。

起動ハードルの低さ

まず何と言っても、起動ハードルの低さ。
作業しようと思ったら、すぐにでも作業に取り掛かれます。
パソコンだとそうもいきません。

パソコンの場合

  1. 電源を入れる(ここで数十秒)
  2. パスワード入力(iPadは指紋認証)
  3. ブラウザ or アプリを起動(ここはiPadと同じ)

上記の3ステップがありますが、最初の電源を入れる段階でiPadと使い勝手が大きく変わります。
パソコンでは数十秒かかるところを、iPadでは電源ボタンを押した瞬間にロック解除画面がつくんです。

「たったそれだけかよ」

と思われるかもしれませんが、その差が大きい差になります。
毎日行うような作業だと、このような小さな積み重ねによって『面倒だな』と思うようになります。
そのめんどくささを少しでも取り除く工夫が大切だったりするんです。

機動力が段違い

続いては、機動力の高さ。

僕は普段のライター業やブログの執筆作業を家だけではなく、外で行うことが多いです。
そのような時に、いくらノートパソコンとはいえ持ち歩くのは非常にしんどい。
でもiPadならどこに持ち歩こうが、そこまで苦ではありません。

理由は

  • パソコンに比べて小さい
  • 軽い

上記の2つ。
外で作業するときには、個人的にはスペックよりも持ち運びやすさの方を重視しています。

アップデートによって進化したiPad OS

続いてはOSの進化によって使いやすくなりました。以前よりPCライクな使い方ができるようになったiPad OS。

iPad OSに進化する前は、iPhoneと同じiOSが搭載されていました。
なので、仕事に使うには微妙な感じだったんです。
しかし2019年9月にリリースされて、状況が大きく変わりました。

デフォルトでiPadに入っている『ファイル』アプリによって、PCライクにファイル管理をすることができるようになったのです。
iPadが仕事に使えない理由としてファイル管理等が多く挙げられることが多いですが、この進化は素晴らしいもの。
他にも、safariもデスクトップ版と同じ表示できるようになったことやマルチタスク、スプリットビューなど挙げればキリがありません。

iPadできる作業ならノートパソコンからiPadに乗り換えもアリ

ここまで僕が2019年買ってよかった

  • iPad Air
  • Smart Keyboard

について、なぜ買ってよかったのかを書いていきました。
iPadはパソコンに比べて、機動力が段違いです。
なので普段外で作業する人で、iPadでも作業可能ならパソコンからiPadへの乗り換えもアリですよ。

2019年9月にiPad OSが登場したことによって、できることが増えました。
なので大半の作業は、iPadのみで作業可能です。

しかもパソコンに比べてかなり安い。
値段が高くてパソコンが買えないという人は、iPadを検討しても良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました