【移住者におすすめ】沖縄では軽自動車と原付で充分です

この記事は約7分で読めます。
ゆう
ゆう

移住してきて思ったけど沖縄で車は必要不可欠です。

沖縄での移動手段としては,車は必要不可欠です。

沖縄に住んでいるほとんどの世帯で,車を所有していることは当たり前になっています。

沖縄は車社会で,車がないと自由に行動できなくなる為です。

しかし車は維持するだけでとてもお金がかかります。

移住生活を送る中でどのようにすれば不自由なく行動できて,最大限節約できるのか?という事にフォーカスしました。


この記事では

  • 車は必要ですが軽自動車と原付で充分
  • 節約しながら運用するコツ

という事を深掘りしていきます。


軽自動車と原付で充分な理由

結論から言うと

  • 普通自動車より税金が安い
  • 軽自動車の性能が上がっている
  • 小回りの方が重視される
  • 『遠出よりちょっとそこまで』という使い方の方が多い

という理由で軽自動車と原付で充分と言うお話です。

1つずつ解説します。

軽自動車のメリット

  • 普通自動車より税金が安い

これは結構でかい理由の1つです。

毎年毎年払わなきゃいけない重量税

車を持たない選択は難しいので,少しでも負担を軽くする為に軽自動車もしくは原付に置き換えましょう。

ここで車の税金を見ていきましょう。


普通自動車➡︎45,000〜111,000円/年

軽自動車➡︎7,200円/年


普通自動車も排気量によって幅広いですが,1番安くても45,000円

一方で軽自動車は7,200円

全然違いますよね。

車が好きでこの車しか乗りたくないと言う人なら乗ればいいと思いますが,そんなにこだわりがないなら迷わず軽自動車でいいと思います。

あとは家族構成によりますね。

ミニバンじゃないと乗れないという世帯なら

  • 一台はミニバン
  • もう一台は軽自動車か原付

という風に工夫すれば大丈夫だと思います。

全員が一気に乗れる車が二台必要か?というところがポイントになります。

  • 軽自動車の性能が上がっている

最近だと軽自動車で性能が良いものもたくさん出てきていますよね。

車内が広いとか燃費が良いとかですかね。

街乗りなら軽自動車の性能で充分って感じです。

  • 小回りの方が重視される

沖縄では大きな車で遠くまでというよりは,狭い道でいかに小回りが利くか?の方が重視されます。

それは単純に狭い道が多いからです。

対向車とのすれ違いも気を使うような道が結構あるんですよね。

そういう道では,大きい車はむしろ邪魔です。

  • 『遠出よりちょっとそこまで』という使い方の方が多い

これも沖縄ならではなんですけど,沖縄では本島南部から北部までは高速に乗れば2時間もあれば行けてしまいます。

またあまり頻繁に高速に乗るほどの行動をする事が少ないので,どっちかというと『ちょっとそこまで』という使い方の方が多いんです。

ちょっと近くのショッピングモールまでとか,遠くに行くとしても車で1時間圏内だったりします。

なので軽自動車で充分なんですよ。

軽自動車のデメリット

僕的にはあまり感じませんが,軽自動車にもデメリットはあります。

  • 人が多く乗れない
  • 荷物が多いと窮屈
  • チャイルドシートを乗せると乗れる人が限られる

ぐらいですかね。

ほとんど説明は不要かと思いますが,軽く説明していきます。

  • 人が多くは乗れない

軽自動車はコンパクトなので乗れる人数も限られます。

なので大家族にはあまり向かないかもしれません。

また週末みんなで遊びに行くときに,一台じゃ乗りきれない場合もあるでしょう。

  • 荷物が多いと窮屈

これもコンパクトカーならではですね。

最近の軽自動車は車内が広々としているものも多いのであまり感じませんが,普通自動車のようにトランクが広く設けられているわけではないので,沢山荷物を積むと狭くなります。

これが嫌な人は,軽自動車の中でも少し値が張りますが車内の広いものを選ぶと良いでしょう。

  • チャイルドシートを乗せると乗れる人が限られる

小さなお子さんがいるところはしょうがない部分ですよね。

ただでさえ乗れる人数が少ないのに,チャイルドシートを載せちゃうと一気に場所を取られる。

でも子どもが乗るときはチャイルドシートを設置しなきゃいけないので,めんどくさいですが子どもが乗らない時はチャイルドシートを外す等の工夫をするしかないですね。

ここまでは軽自動車ばかり推してきました。

もちろん1人で行動するなら原付でも充分動き回れます。

原付のメリット

1人で行動するときは抜群に良いです。

原付のメリットは

  • 小回りが利く
  • 燃費が良い
  • コストが安い

などがあります。

  • 小回りが利く

軽自動車のところでも説明しましたが,狭い道が多くあり対向車とすれ違うのにすごく気を使わなきゃいけない道もあります。

原付なら小回りが利くのであまり気にせず走れますよね。

  • 燃費が良い

原付は数百円でガソリン満タンにできて,その数百円でめちゃくちゃ走ります。

通勤の様なある程度決まっているものに当てはめると,車で通勤する場合と原付で通勤する場合ではガソリン代も大きく変わってきます。

  • コストが安い

車よりも圧倒的にコストが安いです。

中古なら10万もしないものを手に入れられるし,税金も2,000円で済みます。

車検もいらないし,自賠責保険もめちゃくちゃ安いです。

ガソリン代も一回数百円で満タンになってめちゃくちゃ走るので良いですよね。

なので軽自動車と原付一台ずつあれば,原付で通勤して家族で出かける時や買い物の時は軽自動車みたいな組み合わせが僕的にはベストだと思っています。

もちろん各世帯でどのような使い方をするのかによって変わりますが,大家族でもない限りミニバンとかは必要ないです。

原付のデメリット

軽自動車なら良いですが,原付となるとデメリットもあります。

  • 急な雨が多い
  • 風が強い
  • 日差しが強い

等ですかね。

  • 急な雨が多い

沖縄では急な通り雨が多く,原付だとびしょ濡れになっちゃいます。

また一日中雨が降るときは,車が一台しかないのでカッパを着てバイクで通勤しなきゃいけないという状況も出てきますね。

それが嫌な方は,車を運転する人が2人いるなら軽自動車を二台所有するしかないです。

  • 風が強い

沖縄は風がめちゃくちゃ強いです。

島風と言われていて,夏でも日陰に入ると風が吹くので涼しいぐらいなんですよ。

ただ原付に乗っていると,風の影響を受けて転倒したりする危険もありますよね。

原付が倒れるほどの風は滅多に吹きませんが注意が必要です。

  • 日差しが強い

原付に乗ると車と違って,身体を守ってくれるものがありません。

日差しも直で浴びる事になるし,エアコンもないですよね。

こないだびっくりしたんですが,外でアクティブに行動していたわけではないのにめちゃくちゃ肌が焼けていました。

通勤や少しの買い物だけで焼ける程日差しが強いんですよね。

なので日焼けや紫外線への対策も必要そうですね。

デメリットもありますが運用するコストは抜群です。

原付なら数百円でガソリン満タンになるし,それでいて燃費が良いし,駐車場が駐輪場になってコストも下がるのでめちゃくちゃコスパ良いですよね。

節約しながら運用するコツ

最大限コストを抑えながら運用するコツとしては,使い分けをしていくことが大切だと思います。

僕の場合は軽自動車と原付それぞれ一台ずつ所有して,通勤では原付を使用して週末家族と出かける時は軽自動車を使用するという体制を取っています。

単純に通勤で原付を使用する事によって,日常的に使用する移動のコストを下げることができます。

そして家族で出かける時や買い物の時には軽自動車を使用するとこで,人も荷物も運ぶことができるのでそこまで困ることは無いと思います。

しかしこれは各世帯によって人数も違えば,使用用途も異なってくると思うので,あくまで自分に最適な組み合わせを見つけることも重要になってきます。

終わりに

いろんな面でみて,沖縄では軽自動車と原付で充分ですよということを書いていきました。

1番大きいのはコスト面ですが,他にも色んな利点をあげました。

沖縄で車が必要不可欠なものなので,いかにコストを抑えられるかが鍵になってくると思います。

沖縄へ移住するなら軽自動車か原付をゲットして,有意義な移住生活を送ってみませんか?

コメント

  1. […] 沖縄移住 注意!移住時に確認すべき点とは? 沖縄移住 【移住者におすすめ】沖縄では軽自動車と原付で充分です … 沖縄移住 […]

タイトルとURLをコピーしました