沖縄移住の理想と現実

この記事は約3分で読めます。
ゆう
ゆう

みんなが想像したり,理想とする沖縄への移住ってどんなイメージ?

都会で消耗するより,一度は沖縄みたいな南国に移住してのんびり暮らしてみたいと考えたことがある人も多いのではないでしょうか。

そんなあなたに移住して約4ヶ月の僕が,沖縄への移住についての現実を書いていきますね。

この記事を見て移住について興味のある人,移住を考えている人の参考になればいいです。

沖縄移住の理想と現実

理想の移住生活

皆さんは沖縄に移住するとしたらどんな生活を思い浮かべますか?

  • 海沿いに住み,のんびり
  • 毎週末集まりバーベキュー
  • カフェでも開いて楽しく
  • 仕事に追われる事がない

なんてところでしょうか?

実際僕も移住してくるまでは,仕事はほどほどにのんびり暮らしたいなと理想像を考えていました。

たしかに都会的な暮らしよりかは,消耗もせずのんびり暮らせているとは思います。

娯楽もそんなに多くはないので,神戸にいた時に比べお金をバンバン使うこともなくなったかな。

移住の現実

僕は,都会的な暮らしよりかは消耗せずに生活ができています。

ただ色んな壁もありますよ。

僕の移住生活を例に出すと

  • 友達はあまり増えない
  • 金銭的な余裕があまりない
  • 家でのんびりすることが増えた

こんな感じです。

  • 友達はあまり増えない

これは自分が沖縄へ移住してきてから,社交的な場に出向かなかったことによるものなんです。

沖縄の人は移住者や県外に住んでいる人を『ナイチャー』と呼んだりします。

これは県外,本州のことを『内地』というところからきています。

自分の力不足な感じはするのですが,少し壁を感じたりするんですよね!

まぁみんながみんなそんな感じではないんでしょうけど、、、

  • 金銭的な余裕があまりない

沖縄に来る際に転職しました。

神戸にいた時よりは随分収入が落ち込んだ為,払う税金がすごく多く感じます。

普段使うお金は減ったのですが,税金が多いので贅沢しまくる程は余裕がありません。

沢山貯金して移住すれば心配ありませんが,僕の場合割と勢いで移住した部分があるので少しキツかったです。

  • 家でのんびりすることが増えた

のんびりとした生活を楽しみたいのでこれは全然大丈夫なんです。

沖縄での友達がいないわけではないんですけど,あまり時間も合わず家でゆっくりすることが増えた感じですね。

子どもと公園には行きますが,家でのんびりすることの方が多いかな。

神戸で都会的な生活をしていた時は,『あの洋服欲しい、、』とか『あのブランドのあのアイテム欲しい、、』とか考えて,何も用がないのにウィンドウショッピングを楽しんだりしていました。

これって無駄なんですよね。

沖縄に来てからはどっちかといいうとミニマルな考え方になってきたかな。

これはどっちかというと良いことですかね。

とりあえずこんなもんです。

僕の場合は嫁ちゃんの実家があるのでなんともないですが,沖縄に知り合いも友達もいないという人もいると思います。

そんな方の中には,環境に馴染めずにストレスが溜まり移住を辞めちゃう方もいらっしゃるんですよね。

一人一人で何を求めて移住をするのかによるのですが,目的によって見極めが必要だと思います。

終わりに

沖縄移住の現実的なことを書いていきました。

僕は勢いで移住しちゃったので,色々壁にぶつかる事もありました。

これからも色んな壁にぶつかると思います。

人によってぶつかる壁や問題が違うんで,自分の状況を見極める事が大切になってきますよね。

僕の場合沖縄移住でぶつかった壁は金銭面でした。

他には新たなコミュニティに入るのが億劫だったり,仕事が見つからなかったりというところですかね

あなたは,どんな不安がありますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました