【チャンスですよ】これからは移住者の待遇が良くなっていくのでどんどん実行していきましょう

この記事は約7分で読めます。
ゆう
ゆう

沖縄の人口は増加してるけど今から移住を考えても遅くないかな?

沖縄への移住を考えているけど,不安要素が多すぎてなかなか行動に移せないなという方も多いでしょう。

そんな方に朗報です。

沖縄では今,どの業種も人手不足に悩まされています。

それには様々な要員が考えられるんです。

  • 賃金が安い
  • 沖縄県は全国離職率ワースト1位
  • 企業の待遇が悪い

等が挙げられます。

県外から移住を考えた時に,こんな状況じゃ移住を断念する人もいると思います。

同僚A
同僚A

こんな状況なら全然朗報じゃないじゃん。

ゆう
ゆう

そんなことないよ。

今状況が悪いからこれから改善していこうっていう動きが出てきてるんだよね

待遇の悪さから移住に踏みとどまっている方もいると思います。

でも沖縄移住を考えていたり,少しでも興味がある人はこれから移住を考えてみたほうがよさそうですよ。

なぜ今沖縄移住がチャンスなのか?

同僚A
同僚A

企業の待遇が悪いのになんでチャンスなの?

ゆう
ゆう

細かく説明していくね。

まず結論から言うと3つあります。

  • これから待遇が改善されていく
  • 沖縄の人は怠け者が多い
  • 都会で働いていた時より負担が軽くなる

こんな感じです。

1つずつ解説していきます。

これから待遇が改善されていく

現在企業の労働者に対する待遇が悪いのが問題になってきています。

それによって辞めていく人が続出していて,色んな業種の労働者が足りず,どの企業も人手不足の状態に陥っているんですよね。

この状況はもちろん企業も把握しているので,これから改善しようという動きが出てきています。

沖縄の地元企業で待遇が悪いと感じる1番大きなポイントは賃金面です。

沖縄の地元企業で働いている人は,その賃金の低さから生活費を稼ぐ為にダブルワークしている人も多くいるんです。

ただこれは政府が副業を解禁したからではなく,あくまで生活費を補填するためなんですよね。

そういう流れだとあまり意味がないように思います。

生活費は本業で稼ぎつつプラスαで副業にトライする形が理想ですね。

待遇が改善されていけば本業でしっかり収入を得て,今まで副業は絶対ダメと言っていた企業でも副業が解禁され副業で理想の生活を送る為にトライする感じです。

待遇が改善されることによってリモートワークなどが可能になれば,より自分に使える時間が増えるので何にでもトライしやすくなります。

今は個人でもリスクなく副業にトライできる環境が整っているのでやってみる価値はありますよね。

ほぼノーリスクで始められる副業として

  • ライティング
  • ブログ
  • プログラミング

とかがあります。

クラウドソーシングを利用すれば,仕事を受注できますよね。

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングとはブログ記事の執筆・ロゴデザイン・ネーミングなどの仕事をネットで外注・受注できるサービスです。

https://kanemotilevel.com/crowdsourcing.html

有名なクラウドソーシングサイトは

ランサーズ

クラウドワークス

初心者でも募集している案件もあるので,安心してトライできます。ライター業やデザイナー業で経験を積めば,必ず自分の資産になると思います。

沖縄の人は怠け者が多い

全ての人が怠け者と言うわけではありませんが,都会でバリバリ働いていた人からするとそう言う感じで見えると思います。

都会でバリバリ働いていた人は周りも働く質や量の基準が高く,沖縄に来て普通に働くだけで差別化を図れるんです。

企業側からするとバリバリ働いてくれる方が,ありがたいので重宝されますよね。

周りが動いていない時こそ,バリバリ動きまくることによって自分の価値が高まるので,移住によってより良い働き方を手に入れることが可能になるんです。

同僚A
同僚A

移住してきてまで都会的な働き方をしてたら沖縄に移住する意味なくない?

ゆう
ゆう

確かにそれもそうだね。

ただし都会的な働き方が基準になっている人にとって,都会で働いていた頃に比べて働く量が多少減っても基準が高いので,沖縄の人より質の高い働き方ができる可能性が高いです。

また沖縄の人は,勉強にすごくマイナスなイメージを持っています。

社会人になってまで勉強したくないとか,わざわざプライベートな時間を使って勉強するのはめんどくさいと言う意見をよく聞きます。

これは沖縄の人に限った話ではないですがこれからの時代ただでさえ賃金が安いのに,自分で勉強して自分の価値を高めていけないとオワコン化していきますよね。

関連記事はこちら

都会で働いていた時より負担が軽くなる

沖縄の企業に転職すると,都会にある企業で働くよりも様々な負担が軽くなります。

例えば

  • 満員電車からの解放
  • 会社の人と物理的に接触が減る
  • 作業負担が減る

とかですね。

こちらも1つずつ解説していきます。

満員電車からの解放

沖縄はモノレールはありますが,路線は那覇市内の一部しかないのでほぼ車通勤になります。

必然的に電車に乗ることがなくなるので,満員電車に乗らなくてよくなるんですよ。

しかし車通勤にもデメリットがあります。

みんなが車通勤するので,朝夕は結構渋滞します。

とはいえ通勤時にプライベートな空間だと,満員電車に比べストレスは少ないですよね。

関連記事はこちら

会社の人と物理的に接触が減る

移住する時に沖縄の地元企業だと賃金が安すぎるから,県外企業の沖縄支社を狙うという方法があります。

ちなみに僕も県外企業の沖縄支社に転職先を絞りました。

この方法の何がいいか?

  • 沖縄の地元企業に比べて待遇が良い
  • 遠隔地になるので社員が少ない場合が多い
  • 会社の人と物理的に接触が減る

沖縄の地元企業は賃金が安すぎる上に,待遇が悪い場合が多いのであまりおすすめしません。

沖縄支社になるとそこまで社員が多くなく,会議や進捗報告などはSkypeやメールを使って行うことになるんです。

Skypeやメールで連絡を取り合ったり会議が行われることによって物理的な接触が減りますよね。

最近だとこの流れが大きくなってきています。

作業負担が減る

これは沖縄の人の仕事に対する基準と都会的な働き方をしている人の仕事に対する基準にズレがある事で発生します。

県外に本社があるとは言えど,大抵の場合上司は沖縄の人です。

仕事に対する基準にズレがあるので振られる仕事の量も違います。

なので多少は作業負担が減りますよね。

どんな働き方が良いのか?

同僚A
同僚A

企業の待遇が良くなっていくのはわかったんだけど,実際どんな働き方が良いのかな?

待遇の良い企業を探すのはもちろんなんですけど,どんな働き方をしたらいいんでしょう。

おすすめは,本業で稼ぎつつ副業でより人生を豊かにする。

待遇が良い企業なら

  • リモートワーク可能
  • 残業少なめ
  • 賃金がある程度保証される
  • 副業可

リモートワークができたり残業が少なければ,本業以外の確保できる時間が増えますよね。

理想は本業では自分の興味のある分野の業界で働き,それを副業にも活かしていく形です。

そのような働き方ができれば,本業にも副業にもその経験を還元することができます。

今のところこのような働き方ができる企業は少ないですが,これから待遇が改善されて増えていくと思います。

遠隔地でリモートワークができたり,残業が少なかったりすることによって理想の沖縄移住へ一歩前進といったところです。

終わりに

企業の待遇が悪いことにより人手不足が深刻化してきて,これから改善していこうという流れだからこそ移住者にとっては追い風になりそうですよね。

その動きを見極めて,転職先の企業を選定することは移住生活へも影響してくるので重要なことだと思います。

これから移住を考えている人は,沖縄に移住したいからと前のめりに考えるのではなく,しっかり地に足をつけて見極める必要がありますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました