【車は必須】沖縄移住での車のアレコレ

この記事は約5分で読めます。
ゆう
ゆう

沖縄で生活する上で車は必須だけど移住した後に買えばいいのかな?

沖縄への移住を検討している人は沖縄で車を買うか,元々持っている車を持っていくかで悩んでいる人もいると思います。

まず始めに言うと事実として僕は,移住して約4ヶ月間ほぼ毎日車に乗ります。

用途としては

  • 通勤
  • 義実家へ行く
  • 買い物
  • アクティビティ
  • 病院に行く

等々です。

以前に沖縄での移動手段についての記事も書いているのでそちらも是非⬇︎

公共交通機関がほぼバスしかない為,しょうがない部分なんですよ。

もちろん持ってないなら買うべきだし,持っているなら持って来なきゃめちゃめちゃ不便になります。

なので沖縄に移住して自由に行動したいという方や休みの日は何か趣味に打ち込みたいという方は車は必須です。


この記事では

  • 移住時どうやって車を手に入れるか?
  • 沖縄ならではの『どんなことにお金がかかるのか?

ということがわかります。


移住時どうやって車を手に入れるか?

移住前に都市部で暮らしていて日頃は交通手段として電車を利用しているという方やある程度都市部に住んでいるが車を所有しているという方と様々だと思います。

車を所有しているという方

運輸代金はかかりますが,絶対に持ってきた方がいいです。

理由は単純に買い直す方がコストと時間がかかるからです。

そういう人は沖縄に来てから買い直すとなると,移住後すぐに中古車を買おうと考えますよね。

ただ移住後すぐに購入できたとしても納車までに時間がかかります。

納車に約1ヶ月かかるとすると,その1ヶ月間はレンタカーを借りて生活するか車なしの生活をすることになります。

これだと1ヶ月のレンタカー代もしくは,バスやモノレールの代金が発生しますよね。

  • レンタカーの場合

たしかに沖縄のレンタカーは安いです。

しかしいくら安くても1ヶ月も借りると結構な金額がかかるのであまりおすすめはできません。

もし購入した車の納期が1ヶ月じゃなくて2ヶ月かかったら?

出来るだけ早く納車してほしいですが,自分だけの問題ではないので時期を早めるといったことは難しいですよね。

  • 公共交通機関を利用する場合

沖縄の場合はバスかモノレールになります。

バスやモノレールを利用する場合は,あまり自由に行動できないと思っておいた方がいいです。

なぜかというと,公共交通機関の場合行動範囲が限られます。

バスだとほとんどの場合主要幹線道路沿いを走るんですが,観光地や娯楽があるような場所は車でしか行けないような場面が多いです。

しかも時間にも縛られてしまうので時間の自由は効きにくいですよね。

モノレールの場合は,現在那覇空港から那覇市内しか運行していません。

浦添方面まで延伸の予定はありますが,今のところは那覇市内のみの運行なので自由にあちこち行き来するのは難しいと考えておいた方がいいでしょう。

あまり行動しないという方はいいと思いますが,せっかく沖縄に移住してきたら色んな場所に行ってみたいですよね。

上記の理由で車を所有しているなら,売却してから沖縄に来て沖縄で買い直すのはやめた方がいいと思います。

車を所有していない場合

都市部では電車や地下鉄など公共交通機関が発達しているので,車は所有していないという方も増えてきました。

またシェアリングエコノミーの考えが浸透してきて,カーシェアなどを利用している人も多いと思います。

公共交通機関が発達している場所ならいいですが,沖縄ではそうもいきません。

おすすめは移住前にお住いの地域で車を購入することです。

それはなぜか?

沖縄で車を購入すると業者に運輸費が多く取られたりするので,本土で買うより値段が高くなる場合があるからです。

本土で購入した場合でも沖縄まで車を持って来なければ行けませんが,フェリー等で自分で運転して持ってきた方が安く済みます。

沖縄に移住してきてから購入してもいいですが,車を所有している方の場合で解説した通り納車まで時間がかかるので色んなデメリットがありますよというお話です。

僕の場合は特殊で嫁ちゃんの実家が沖縄にあるんですけど,義兄が石垣島に転勤するのが重なり不必要になった車を譲ってもらうことができました。

タイミングが良かっただけですが,いかに初期費用を抑えられるかを考えた方がいいと思います。

譲ってもらえる環境なら迷わず譲ってもらった方が良いし,購入するにしてもいかに安く購入できるかを考えましょう。

沖縄ならではの『どんなことにお金がかかるのか?』

沖縄では都市部である那覇しないや主要幹線道路ではあまりありませんが,田舎の方に行くとガタガタの道路や綺麗に整備されていない道路も少しですがあります。

また沿岸部で島風も強いので塩で部品がやられるということもあるみたいです。

ガタガタの道や綺麗に整備されていない道路を頻繁に走ると当然タイヤは痛みます。

それに加え日差し・紫外線の強い沖縄では,紫外線の影響でタイヤのゴムの劣化が進みやすいですよね。

なので本土に比べ,タイヤ交換の間隔が短くなりコストがかかります。

潮風にやられるのに関しては,部品のサビ等が発生してしまします。

海沿いなのでしょうがないことですが,色々対策を立てていく必要があると思います。

これには定期的なメンテナンスが必要になるので注意が必要なんですよね。

他には沖縄以外でもかかるコストとして

  • ガソリン代
  • 保険
  • 車検
  • 駐車場
  • 修繕費
  • 税金

等がかかります。

沖縄では各世帯1台は車を所有していて,賃貸マンションなどでは駐車場1台無料とかがあるのでまだお金はかからないかもしれません。

他はそれなりにかかりますね。

終わりに

沖縄は車社会なので移住時には車は必須となってきます。

比較的コストの安い軽自動車が多いんですけど,足として考えたら軽自動車で充分だと思います。

税金も安いし,車自体のコストも普通車に比べたら安く抑えることができる

極端に山道とかはあまりないし,最近の軽自動車は性能が良いですからね。

また沖縄では,那覇市と沖縄市以外は軽自動車の場合車庫証明が必要ありません。

必要なものが1つ少ないだけでも全然変わりますよね。

沖縄では車は必要なのでいかに安く,効率よく運用できるかどうか考えた方が良さそうです。

コメント

  1. […] […]

  2. […] 沖縄移住 沖縄移住で少し失敗したことは何だろう? 沖縄移住 【車は必須】沖縄移住での車のアレコレ […]

タイトルとURLをコピーしました