【移住希望者必見】沖縄移住者が語る転職活動

おきなわ移住メソッド
この記事は約5分で読めます。

移住したいと考えた時に,ほとんどの人は『沖縄に仕事があれば移住するのにな』と思いますよね。

沖縄は離職率が全国でワースト1位となっており,仕事がないと思われがちです。

ゆう
ゆう

沖縄ってそんなに仕事がないの?

大体の人がこう考えるでしょう。

今回は移住しようと思い立って僕が最初にした事を書いて行きます。

何から始めるかって難しいですよね

  • とりあえず何も考えず移住しゃう?
  • 計画的に考えて行動する?

行動パターンは人それぞれですが,僕の場合は計画的に『仕事を探す』

という考えに至りました。

仕事探し

ゆう
ゆう

仕事探しって何から始めたらいいんだろう。

色んな方法がありますよね!

大半の人は,ネットでとりあえず探してみると思います。

実際僕も,スマホで

『どんな仕事があるかなー?』

『やってみたい仕事はあるかな?』

という感じで探し始めました!


仕事探しで使用したサイトはこちら

ハローワークオンライン

indeed


ハローワークオンライン

ゆう
ゆう

仕事探し、求人探しといえばハローワーク。

最初は正社員ということ以外は,指定せず検索しました。

業種を問わなければ結構ありましたが,正社員ではなく派遣社員やアルバイトが多かったように思います。

沖縄は仕事がないとよく耳にしていましたが,実際に見てみると条件を絞らなければ結構ありましたよ。

それでもデータとして離職率が全国的に見ても高いので,仕事がないイメージがあるのでしょう。

求人の中身を見ると沖縄なので土地柄,観光系だったり飲食系が多かったですが、、、

今までの水準と同等の給料が貰える仕事で考えるとほとんどない,っていう事になるのかな?

僕自身は,移住するにあたって給料が下がる事は重々承知の上だったので気にならなかっただけだと思います。

移住に伴う転職で給料が下がるのは絶対嫌っていう人はそもそも移住なんて考えないか。

ハローワークに掲載されている求人は業種も偏っているような気もしました。

indeed

幅広い業種があって結構選ぶのに迷いました。

色んな地方の求人サイトで掲載されているものもindeed経由で掲載されてたりしたのでハローワークより数は多かったです。

沖縄では沖縄での求人にフォーカスを当てている求人サイト(ウェブアグレやルーキーズ等)がありますが,indeedで全部拾ってくれるので探しやすかったですね。

僕は,転職するなら自分が挑戦してみたい。

と思っていた業種があったので結構絞りました。

転職経験がなかったのでどういう風に進んでいくか不安でしたが意外とスムーズに企業の方と連絡を取り合う事が出来ました。

沖縄移住時の転職活動の流れ  

僕が沖縄移住時に実際に行った転職活動の流れを紹介します。


①ハローワークオンラインやindeedでやってみたい仕事を見つける

⬇︎

②応募

⬇︎

③連絡を取り合う

⬇︎

④履歴書送付

⬇︎

⑤入社試験(面接,ペーパーテスト等)


上記が大まかな流れでした。

この流れ自体は一般的な転職活動と変わらないように思います。

仕事を探してから,応募,企業とのやりとりまではスムーズに進みました

次に履歴書送付なんですけど企業によって送る方法は様々

  •  郵送で送付
  • PDFデータでの送信
  • 面接時に持参

ここもそんなに特殊ってわけじゃなかったです。

次にいよいよ入社試験です

試験もいろんな形式がありました

  • 面接
  • 筆記試験
  • web試験

それぞれ一般的なものばかりでしたが,項目ごとに解説します。

面接

これは入社試験ならほぼほぼありますよね。

企業と連絡を取り合う際,神戸に住んでいることを伝えると

  • 実際に沖縄に面接しに来るパターン
  • 住んでる地域に一番近い支社,支店に面接を受けに行くパターン
  • skypeで面接を行うパターン

の3パターンがありました。

僕は3社ほど面接を受けましたが,応募した期間に沖縄に行く用事があったので,1社は実際に沖縄に行き面接を受け,残りの2社はskypeでの面接でした

skypeで面接をしてくれると実際の職場の雰囲気は見れませんが,何度も往復しなくて良いので会社に在籍しながら転職活動していた僕にとってはありがたかったですね

とはいえ遠方からの入社試験受験者に,ここまで気をかけてくれる企業がどれだけあるかと言われると微妙なところですが、、、

特殊な質問

今回は移住が目的の転職なので,そこは突かれると思いしっかり考えました。

面接が始まると真っ先に聞かれるのが『なんで移住を考えたんですか?』とか『移住を考えたきっかけは?』が多かったです

というか3社とも聞かれました。

  • 『移住するにあたって不安はある?』
  • 『家族はなんと言っていますか?』

とかですかね。

僕の場合移住のきっかけや目的がはっきりしていたので面接官も納得していましたが,『なんとなく』や『移住してみたいから』等の曖昧な返答はあまり良くないと思います。

まあ単純に『沖縄に住むのが夢だった』とか『田舎でのんびり暮らしたい』

という人も,理由の核の部分をしっかり話せれば問題ないと僕は思いますけどね!

筆記試験

筆記試験は実際に面接を現地に受けに行ったところだと,面接の前に1時間筆記試験をやってから面接っていう流れでした。

これが一般的かな!

他にはPDFファイルで試験を送ってきて印刷,回答後スキャナーでスキャンしたデータをPDFデータにして送り返す流れのものもありましたね。

web試験

これはスマホかパソコンで解く試験。

運転免許の試験にあるような適正検査や性格診断って感じの問題で、割と手軽にできるタイプの試験だったな!

僕が受けた企業はこんな感じの試験でした。

終わりに

いざ移住を決めて動き出したら案外スムーズに行くことも沢山ありました。

少し難儀なこともありましたが、、、

実際に動き始めると色々な人に『いいなー』とか『羨ましい』とか言われましたが、結局自分が行動するかしないかなので羨ましいと思うなら行動するしかないですよね

ほんとにやりたいならいつまでも考えてばかりでは行動に移せないので、とりあえずやってみましょう

時間ばかり経って『あの時やっとけばよかった』と後悔しても遅いですよ。

すぐ行動に移せば意外と簡単に環境も変わりますからね。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました