沖縄移住において現地企業に転職するメリットとデメリット

この記事は約5分で読めます。

沖縄移住を考えている人の中には、「せっかく沖縄に移住するんだから、沖縄の企業に転職したい」と思う人もいますよね。

移住の場合、

  • 県外企業の支社、支店に転職
  • 現地企業に転職
  • スキルを活かしてフリーランス

この3パターンが多いように感じます。

あなたの場合はどうでしょう?

今回は転職時に沖縄の企業に転職しようと考えている人に向けて、現地の企業に転職するメリットとデメリットをまとめていきます。

スポンサーリンク

現地企業に転職するメリット

まずは現地の企業に転職するメリットから紹介していきます。

現地企業に転職するメリット

  • リゾートバイトからそのまま移住できる
  • 現地のコミュニティに入り込みやすい
  • 現地の暮らしを体感しやすい

僕の意見としては、しっかりと人生設計を考えている人にはあまりおすすめできません。

今の情勢も関係していますが、県の収入の多くは観光業です。

景気に左右されやすい産業なので、長いスパンで見たときに人生設計が狂う可能性があります。

リゾートバイトからそのまま移住できる

お試し感覚でリゾートバイトを始めて、沖縄にそのまま移住する人もいます。

リゾートバイトは、お試しの試供品のようなものになっているのです。

リゾートバイトは短期〜長期と幅広い契約方法があるので、申し込み時に確認しておきましょう。

短期で申し込んで期間を伸ばしたいと思った時に、変更可能かどうかも確認の必要がありそうですね。

移住のきっかけとしては非常に優秀なサービスだと思います。

現地のコミュニティに入り込みやすい

沖縄は、観光業に支えられている県です。

中にはリゾートバイトのように県外から来て働いている人もいますが、もちろん沖縄に住んでいる人も働いています。

そのような環境で働くことで、現地の人とコミュニケーションを取れますよね。

ゆう
ゆう

僕も沖縄に来て、なかなか現地のコミュニティに参加できない事が悩みだっただよね。

僕の場合はジモティを使って、現地のフットサルサークルに参加しました。

いきなり知らない人のコミュニティに入り込むのが苦手な人は、仕事を通してコミュニケーションを図っていきましょう。

現地の暮らしを体感しやすい

沖縄への移住とはいえ、県外企業に勤めて移住前と変わらない生活をしていても沖縄に暮らしているという実感は湧きにくいです。

現地の観光業に携わることで、”沖縄で働いている”という実感を得ることができますよ。

ネットや投資等で副収入がある人は、リゾートバイトでゆるーく働くのもありだと思います。

スポンサーリンク

現地企業に転職するデメリット

続いては現地の企業に転職するデメリットを挙げていきます。

僕は正直言うと、このデメリットを考えて県外企業に転職しました。

現地企業に転職するデメリット

  • 給料水準が低い
  • 転職活動が大変
  • 正社員の求人が少ない

これらは移住しようと考えている人が、必ずと言っていいほど悩むポイントだと思います。

僕の体験談も参考になれば幸いです。

給料水準が低い

まずほとんどの人が、最初に悩むポイントである給料問題。

給料は、ほとんどの人が下がる傾向にあります。

僕の場合は、年収ベースでいうと半分になっちゃいました。

その分都会に比べて、固定費は安いので悪いことばかりではありません。

僕のおすすめは、会社以外からも収入源を確保しておくことです。

収入源をいくつか持っておくことで、一つの収入が下がっても大丈夫なようにしておきましょう。

転職活動が大変

現地企業へ転職活動は、かなりお金も労力も必要になります。

なぜかというと、一つは面接や入社試験の為に沖縄に来なければいけないからです。

先に移住してから仕事を探すのであればそこまで大変ではありません。

しかしほとんどの人は、転職が決まってから移住の段取りを進めようと考えているはずです。

一度で決まれば良いですが、なかなか決まらないとその度に沖縄に来る羽目になります。

最近では沖縄まで行かなくてもSkypeで面接してくれる企業もあります。

しかし現地の企業は基本的に、入社試験で沖縄に行かなければいけないと思っておきましょう。

正社員の求人が少ない

こちらも、なかなか沖縄への移住を決められない原因の一つなのではないでしょうか?

“仕事さえあれば沖縄に移住したい”そう考える人は、少なくありません。

僕がみた感じでも、沖縄では正社員の求人が少ないと思いました。

移住をしたいけど、正社員じゃないと不安だなと感じている人もいるでしょう。

確かに収入源が一つしかないのであれば、正社員じゃないと不安だと思います。

実際沖縄に住んでいて契約社員の人は、いくつかの仕事を掛け持ちしている人もいるんですよ。

スポンサーリンク

収入に応じた対応を考えよう

現状沖縄の企業の給料水準は、県外企業に比べて低い状態になっています。

リゾートバイトであれば住む場所が提供されるので、多少給料が低くても大丈夫です。

しかし現地企業で働きながら自分で家を借りるとなると、少し金銭的余裕がなくなるかもしれません。

現地の企業への転職を考えているのであれば、他の収入源を確保しておきましょう。

正社員であれば問題ないかもしれませんが、沖縄は正社員の求人がかなり少ないです。

沖縄県民の中でも、仕事をいくつか掛け持ちしている人も多くいます。

現地企業に転職することは悪いことではありません。

しかし生活が少しキツくなるかもしれないので、良く検討しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました