【恐怖】沖縄の人のカメーカメー攻撃とは!?

この記事は約3分で読めます。

カメーカメー攻撃って初めて聞いたけどなんなの?

ゆう
ゆう

簡単に説明すると色んな食べ物を次から次へと食べさせようとしてくる事だよ。

沖縄に来て嫁ちゃんの実家や身内の家にお邪魔する機会がたくさんありましたが,かなりの確率でカメーカメー攻撃を受けました。

最初はそのまま有り難く頂いていましたが,エスカレートするので時には回避するのも必要だと感じています。

スポンサーリンク

カメーカメー攻撃とは?

主に沖縄のお年を召したおじーやおばーが繰り出してくる攻撃ですw

『食べる』と言う言葉は沖縄の方言で『カメー』と言うところからきてるみたい。

カメーカメー攻撃は,おじーやおばーの最大級のおもてなしであり優しさなのです。

お腹が一杯だと伝えても出てくる料理。

ゆう
ゆう

気持ちは嬉しいけど,お腹一杯の時にカメーカメー攻撃に合うと困る、、、w

そのカメーカメー攻撃が最大級のおもてなしであるのには理由があるんです。

カメーカメー攻撃が最大級のおもてなしである理由は?

話は戦後まもなくの貧しい時代まで遡ります。

当時は貧しい上に食糧難だったので,お腹が空いていても食べることができなかったんです。

そんな時代を生き抜いたからこそ,若い人にそういう思いをさせたくないと言う優しさの表れなんですね。

この優しさは生き抜いてきた時代背景により変化するので,年代によって変わりそうです。

スポンサーリンク

カメーカメー攻撃への対処法

好意でやってくれているので,断るのは忍びない。

でもどうしても食べれないという場面は必ずあります。

そこでおすすめの対処法を伝授したいと思います。

  • 無理して食べる
  • 会話で盛り上げて食べてないのに気付かせない
  • お土産として持ち帰る

対処法としては以上の3つがあります。

無理して食べる

カメーカメー攻撃を仕掛けてくるおじーおばーは何も残すなとは言いません。

残しても良いからたくさん食べて欲しいという思いでテーブルに出すんです。

なので帰るまで話しながらでも食べるのをやめないという方法です。

残しても良いから食べる量もコントロールできますよね。

ただコントロールをミスるとお腹がパンパンになるので注意が必要です。

ゆう
ゆう

せっかく出してくれたんだし手を付けない訳にはいかないもんね。

会話で盛り上げて食べてないのに気付かせない

沢山の食べ物を出してくれますが,会話で盛り上げて食べてないのに気付かせないという方法です。

全く食べない訳ではなく,最初の方に出された物は少しずつ手を付けるというのがポイント。

これは会話を盛り上げるテクニックが必要に思えますが,内地(ないち)から沖縄に移住してきた僕にはあまりそのテクニックは必要ありませんでした。

何故なら珍しい存在なので質問責めにあうからです。

更に会話で盛り上げることができたら,おじーおばーとの交流ができるのでとても楽しいですよ。

ゆう
ゆう

僕は喋るのが好きなので,おじーおばーとの交流もしたいしよくやっちゃいます。

お土産として持ち帰る

出された物を少しは食べるけど,もう食べられないから持って帰って食べるよと伝えるのが良いでしょう。

これだとその場で少しは食べているし,持ち帰って食べるよという意思も伝えることができるので好意も受け取ることができますよね。

スポンサーリンク

まとめ

カメーカメー攻撃はおじーおばーが生き抜いてきた時代背景が影響しています。

最大級のおもてなしなので,お腹が一杯の時以外は喜んで受け取りましょう。

ただ今回は僕の実体験で,満腹の時にカメーカメー攻撃を受けることが多かったので対処法も解説していきました。

その時の状況に応じて対応を変える必要はありますが,できる限り好意を受け取るようにするといいでしょう。

おじーおばーは移住者の僕にも優しくしてくれるので,より移住生活を楽しめてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました