若いうちに沖縄移住を実行するのをおすすめします

この記事は約4分で読めます。

『沖縄への移住をしたい』そう考える人も少なくない今,どのタイミングで移住すればいいんだろうと悩む人もいると思います。

大体の人は『老後に沖縄でのんびり暮らしたい』と考えますが,僕の実体験から出来るだけ若いうちに移住した方が良いと感じたのでまとめていきます。

ゆう
ゆう

移住を考える人って移住するタイミングとかもしっかり考えてるのかな?

スポンサーリンク

沖縄移住は若いうちに実行した方が良い理由

人それぞれ置かれている状況は違いますが,若いうちに沖縄移住をした方が良い理由は

  • 移住はとてもエネルギーを使う
  • 老後移住だとアクティブに行動できずせっかく移住しても現地の人とコミュニケーションを取れない
  • 会社員は役職がつくと辞めづらい
  • 老後に全く知らない土地で暮らし始めるのはリスク
  • 家庭を持つと不安が勝ってしまい行動に移せない

以上の5つがあります。

老後に移住を考えるのも悪くはないですが,僕の体験を元に若いうちに移住を実行することをおすすめしています。

移住のタイミングに関する記事はこちら

移住はとてもエネルギーを使う

ただの引越しといえばそうなんですが,沖縄への移住は少し訳が違います。

物理的に離れていてエネルギーを使うし,馴染みのない土地での暮らしは例え理想だったとしてもストレスがかかるものです。

リタイア後に移住となると仕事のことは考えなくても良いですが,移住後も働くとなると環境や仕事がガラッと変わる事によって精神的にしんどくなります。

ゆう
ゆう

移住後も働く予定なら出来るだけ若いうちに移住した方が良さそうだね。

老後移住だとアクティブに行動できずせっかく移住しても現地の人とコミュニケーションを取れない

僕は老後移住をしたわけではないので,必ずしもアクティブに動けないと言うわけではないかもしれません。

しかし移住はとてもエネルギーを使うので,移住した上でアクティブに動くには若い方が良いのは確実です。

豊かな自然の中でのんびり暮らせれば良いと言うなら全然良いのですが,せっかく移住したのなら地元の人と関わりあう事でより移住後の生活を楽しむことができると思います。

柔軟な考え方で地元の人とコミュニケーションが取れれば良いですが,年齢を重ねる事により考えが凝り固まっていたら今までの常識が通用しなかった時に困る事になりますよね。

ゆう
ゆう

老後移住でも柔軟な考え方ができればフィットしそう。

会社員は役職がつくと辞めづらい

リタイア後に移住を実行という訳ではなく,リタイアはしていないけど沖縄への移住を機に転職しようと考えている方は当てはまるかもしれません。

歳を重ね長い間会社に在籍すると,役職がついていきます。

そして役職がつけば,会社が辞めさせてくれないという状況も発生する可能性がありますよね。

その時は退職代行サービスを利用すれば済みます。

しかしそのようなサービスを利用しなくても比較的楽に辞めれる様な,役職が付いていない若い人の方が動きやすいです。

なのであまり会社に固執していない若いうちに行動する方がおすすめ

老後に全く知らない土地で暮らし始めるのはリスク

はじめにも伝えた通り,『知らない土地や環境に身を置くこと』はとてもストレスになります。

老後だと気にかけなきゃならないことも増えていくので尚更です。

例えば

  • かかりつけの病院を探さなきゃいけない
  • 車が無いと不便(いつまで車を運転できるだろうか)
  • 身内や気にかけてくれる人がそばにいない

等が挙げられます。

柔軟に対応できる方なら全然大丈夫だとは思いますが,なかなか厳しいとは思います。

家庭を持つと不安が勝ってしまい行動に移せない

沖縄へ移住をするとなるとリタイア後でもない限り,転職をしなければいけません。

移住前に勤めている会社だったら

  • 給料が下がる心配がない
  • 面倒な手続きがない

ですよね。

しかし移住にあたって転職をすると

  • 給料が下がるかもしれない
  • 転職活動が面倒
  • 待遇が悪くなるかもしれない

いろんな心配事が出てきますよね。

このような心配事があるから,なかなか行動に移せないという方もいるんじゃないでしょうか。

ゆう
ゆう

まぁ移住したいとは言いつつ色んな言い訳をして結局やらないって人が多いんだけどね。

スポンサーリンク

まとめ

沢山の理由を挙げて,若いうちに移住するべきという事を説明していきました。

沖縄への移住を考えている人は,まず沖縄への移住によってどのような事をやりたいのか?どんな理想を抱いているのかをしっかり考えることから始めてみましょう。

考えた上で本当に移住したいと思うのであれば,仕事から探し始めるのも良いですし住みたいエリアや住みたい家から探し始めるのも良いのではないでしょうか?

何でもかんでも一気に始めるんじゃなくて,少しずつ実行に移していくのがいいと思います。

ちょっとずつ行動していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました