沖縄に移住するときに準備すべき事とは?

おきなわ移住メソッド
この記事は約4分で読めます。
ゆう
ゆう

急に沖縄に移住しようと考えても何をしたらいいかとか上手くいくかなとか不安だらけだよね

誰もが憧れたことがあるだろう沖縄への移住

南国でのんびり生活できたらなと理想を抱くと思います。

しかしその反面,現実をみると沢山の不安が出てきますよね。

  • 移住失敗したらどうしよう
  • 沖縄に行くにあたって転職するけどうまくやっていけるか
  • 給料低すぎて生活していけるかな

といった感じに!!

結論から言うと不安を完全になくすことはできませんが,軽減させることはできます。

今回は沖縄移住前に準備しておくべきことを伝授していきたいと思います。


結論から言うと

  • 固定費を下げまくる
  • どこに住んでも同じくらいの収入を確保する

この2つです。


スポンサーリンク

移住前にやるべきこと

都会から沖縄にいきなり移住しようと考えると色々不安になりますよね。

その不安を払拭するには工夫が必要ですが,準備や移住前の行動としては先程書いた通り

  • 固定費を下げまくる
  • どこに住んでも同じくらいの収入を確保する

この2つが大切です。

固定費を下げまくる

移住する時に沖縄の企業に転職をすると,ほとんどの場合移住前と比べて収入が減ります。

その時に大事なのが固定費を下げること。

固定費の代表例

  • 家賃
  • 通信費(ネット、携帯等)
  • ガス水道光熱費

とかですね。

色んなモノを見直すと良いでしょう。

固定費の中でも都会と比べ相場が確実に安く,固定費削減に有効なのが家賃です。

なので移住の際は家賃が安い場所を探すのも効果的ですよね。

那覇は少しお高めですが,それでも都会と比べるとすごく安いです。

出典:SUUMO

同じ間取りでも那覇と那覇以外では額に結構な開きがあるのがわかると思います。

なので僕と同じように家族を連れて移住してくる場合は広い部屋が必要だと思うので,那覇以外の場所で家を探すことをおすすめします。

理由は固定費を下げる為なので家賃以外の固定費を削れる方は,那覇で探してみてもいいかもしれません。

どこに住んでも同じくらいの収入を確保する

収入源を勤めている会社の1つだけに頼るというのは非常に危険です。

例えば

  • 都会で年収600万

上記の人がどれだけ凄いスキルがあっても,沖縄に移住する際にそのスキルを充分に発揮できる仕事があるか?と言われると微妙なところです。

あくまで収入源が勤めている会社だけの人に限った話ですが,沖縄で都会と同じような仕事をしても収入は半分という話もザラです。

ゆう
ゆう

仕事内容が同じでも収入が半分以下のところもあるとかないとか、、、

なので僕は勤めている会社の収入以外にも,収入源は確保しとくべきだと感じています。

クラウドワークス

例えば、

個人で企業から仕事を受けることができるサービスです。


仕事で使うスキルを使って,企業からの案件を受けるも良し!

趣味のブログや写真,デザインから派生させるも良し!


そうすれば会社からの給料以外の収入源を確保することができますよね。

なぜ会社からの給料以外の収入源を確保しなきゃいけないのか?

認識されているのかはわかりませんが,沖縄県の賃金はは全国でワーストだからです。

関東と比べてしまうと差は歴然、、、

出典:最低賃金
出典:最低賃金

個人でも仕事を請け負えるようにしとくと,会社に依存しなくて済むので収入はいくらでも増やすことができます。

ゆう
ゆう

収入を増やすには努力と工夫が必要だね。

沖縄移住に理想や思いをはせるのは良いですが,移住後の生活などをしっかり思い描けていないと厳しい面もあります。

なので将来的に移住したいと考えている人は今のうちに少しでも行動しときましょう。

クラウドワークス

解説した2項目

  • 固定費を下げまくる
  • どこに住んでも同じくらいの収入を確保する

を実行すれば移住前の不安な点というのは解消されます。

スポンサーリンク

移住前に小さく行動しよう

ぶっちゃけいきなり沖縄移住を行動に移すのは,かなりハードルが高いです。

なので移住を目指すなら少しずつ行動に移していきましょう。

紹介した2つの項目

  • 固定費を下げまくる
  • どこに住んでも同じくらいの所得を確保する

以外にも行動しようと思えば,できることは沢山あります。

例えば

  • 有給を使って短期でリゾートバイトに挑戦してみる
  • 1年間生活できるレベルの貯金をする
  • 長期休暇を利用してプチ移住する

とかですかね。

しかし僕は最初の段階として,この記事で紹介した2項目をおすすめします。

是非小さな一歩を踏み出してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました