移住経験者の僕が移住前に準備しておけば良かったと後悔している2つのこと

おきなわ移住メソッド
この記事は約4分で読めます。
ゆう
ゆう

急に沖縄に移住しようと考えても何をしたらいいかとか上手くいくかなとか不安だらけだよね

誰もが憧れたことがあるだろう沖縄への移住

南国でのんびり生活できたらなと理想を抱くと思います。

しかしその反面,現実をみると沢山の不安が出てきますよね。

  • 移住失敗したらどうしよう
  • 沖縄に行くにあたって転職するけどうまくやっていけるか
  • 給料低すぎて生活していけるかな

という感じですかね。

不安を完全になくすことはできませんが、軽減させることはできます。

今回は僕の経験則から沖縄移住前に準備しておくべきことをお届けします。


結論から言うと

  • どこに住んでも同じくらいの収入を確保する
  • 身軽に移住するために断捨離する

この2つです。


移住前にやるべきこと

都会から沖縄にいきなり移住しようと考えると色々不安になりますよね。

その不安を払拭するには工夫が必要ですが、準備や移住前の行動としては先程書いた通り

  • どこに住んでも同じくらいの収入を確保する
  • 身軽に移住するために断捨離する

この2つが大切です。

どこに住んでも同じくらいの収入を確保する

沖縄移住を考えている人の中には、ノマドワーカーのように場所を選ばない働き方をしている人もいるでしょう。

しかし大半は、会社に勤めている会社員だと思います。

収入源を勤めている会社の1つだけに頼るというのは非常に危険です。

例えば

  • 都会で年収600万

上記の人がどれだけ凄いスキルがあっても,沖縄に移住する際にそのスキルを充分に発揮できる職場があるか?と言われると微妙なところです。

あくまで収入源が、勤めている会社ひとつだけという人に限った話です。

会社員なら沖縄では、都会と同じような仕事をしても収入は半分という話もザラです。

ゆう
ゆう

仕事内容が同じでも収入が半分以下のところもあるとかないとか、、、

なので僕は勤めている会社の収入以外にも,収入源は確保しとくべきだと感じています。

例えば

クラウドワークス

個人で企業から仕事を受けることができるサービスです。


仕事で使うスキルを使って,企業からの案件を受けるも良し!

趣味のブログや動画編集、デザインから派生させるも良し!


そうすれば会社からの給料以外の収入源を確保することができますよね。

なぜ会社からの給料以外の収入源を確保しなきゃいけないのか?

認識されているのかはわかりませんが,沖縄県の賃金はは全国でワーストだからです。

関東と比べてしまうと差は歴然、、、

出典:最低賃金
出典:最低賃金

個人でも仕事を請け負えるようにしとくと,会社に依存しなくて済むので収入はいくらでも増やすことができます。

ゆう
ゆう

収入を増やすには努力と工夫が必要だね。

沖縄移住に理想や思いをはせるのは良いですが,移住後の生活などをしっかり思い描けていないと厳しい面もあります。

なので将来的に移住したいと考えている人は今のうちに少しでも行動しときましょう。

クラウドワークス

身軽に移住するために断捨離する

始めにいっておくと、沖縄移住で最初にぶち当たる壁が引っ越しです。

「引越し費用はいくらぐらいかかるのか?」

「どのくらいの荷物を持って移住しようか?」

等いろんな疑問が出てきます。

僕の経験をもとにお話しすると、荷物は出来るだけ減らしたほうが良い

今回解説した移住前に準備すべき2点

  • どこに住んでも同じくらいの収入を確保する
  • 身軽に移住するために断捨離する

上記を実行すれば移住前の不安な点というのはある程度解消されます。

移住前に小さく行動しよう

ぶっちゃけいきなり沖縄移住を行動に移すのは,かなりハードルが高いです。

なので移住を目指すなら少しずつ行動に移していきましょう。

紹介した2つ

  • 固定費を下げまくる
  • どこに住んでも同じくらいの所得を確保する

上記以外にも行動しようと思えば,できることは沢山あります。

例えば

  • 有給を使って短期でリゾートバイトに挑戦してみる
  • 1年間生活できるレベルの貯金をする
  • 長期休暇を利用してプチ移住する

とかですかね。

しかし僕は最初の段階として,この記事で紹介した2項目をおすすめします。

是非小さな一歩を踏み出してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました