【24歳で移住】妻子持ちの僕が沖縄移住という大胆な選択をした理由

おきなわ生活
この記事は約5分で読めます。
ゆう
ゆう

みんなはどんな理由で移住を考えたりするのかな!?

今回は24歳で妻子持ちの僕が,沖縄への移住という大胆な選択を決めた理由を語ります。

  • 沖縄移住に興味がある
  • 子どもがいるから大胆な選択ができない
  • 移住は老後でいいかな?

こんな風に思っている人は,この記事を読んで考え直してください。

スポンサーリンク

沖縄への移住という大胆な選択

ゆう
ゆう

いつか沖縄に移住したいよね。

嫁ちゃん
嫁ちゃん

そっちの方が実家があるから安心かな。

子どもが生まれてきて,何となく理想としていたライフスタイル。

あまり現実的な話ではなく,あくまで『いつか』って感じの話でした。

保守的な考え方だったのでした。

  • 移住をするとなると転職しなきゃダメ
  • 今の安定した生活を捨てる
  • 子どもがいるから大胆な行動はできない

移住を決意する前までは,こんな感じでなかなか具体的な行動に移すということから逃げる理由を探していました。

実際に移住を考え出した時は不安だらけで,本当に移住できるか?という疑問がありましたが、、、

移住したいと言いつつも,なかなか行動には移せない状況。

当時の僕の状況

  • 工場勤務(三交替勤務)
  • 2人目妊娠中
  • 子どもは家で育児
  • 貯金あまりない

という感じです。

お世辞にも余裕で移住できるような状況ではありませんでした。

現実的な話ではなかったので,移住の話はそのまま放置で2人目の出産を迎えました。

ゆう
ゆう

沖縄での里帰り出産だったから月1ぐらいの頻度で沖縄行ってたなー。

里帰り出産で長期間沖縄にいた嫁ちゃんからそのまま沖縄に居れたらなーと天の一声。

ゆう
ゆう

それ聞いてからすぐに沖縄の転職先探しを始めちゃいました。

我ながらフットワークの軽さには驚きです。

すぐに数件面接まで取り付けることができました。

嫁ちゃんにも伝えてはいましたが,そこまでのスピードで話を進めてるとは思ってなかったらしく驚いていました。

嫁ちゃん
嫁ちゃん

そんな急激に話進むの?笑

安定した職から新しい仕事に転職して移住することに不安もありましたが理由としては

  • 一度沖縄に住んでみたかった
  • 神戸では僕・嫁ちゃんの実家が遠い
  • 嫁ちゃんの実家が近い方が嫁ちゃん的に楽だろうと考えた
  • これを機に自分がしてみたい仕事にトライしたい
  • 神戸では保育園に入れない
  • 沖縄は神戸よりも保育園に入れやすい

が挙げられます。

これだけの理由があれば,自分の中ではやらない理由よりやらなきゃ損だというマインドでしたね。

1度沖縄に住んでみたかった

誰しも一回ぐらい考えたことはあるんじゃないでしょうか。

  • 綺麗な海のある南の島で悠々自適に生活してをしてみたい
  • サーフィンやダイビングなどのマリンスポーツの趣味を楽しみたい
  • のんびり暮らせるイメージ

挙げられる理由はそれぞれあるでしょう。

他の理由も相まって決意に至りました。

そのタイミングが今だったか,老後なのかぐらいの違いです。

なんとなく移住は成功させることができるだろうという根拠のない自信と少しの行動力があったおかげで実行に移すことができました。

神戸では僕・嫁ちゃんの実家が遠い

移住を決意した理由を何点か挙げましたが,これはメインのポイントでした。

何かあったときに頼ることができる実家が近くにあるのはとても大きいです。

精神的にも肉体的にもどちらかの実家が近くにあるほうがいいのは確実です。

頼れる存在が近くにいることで,精神的不安も少しは軽減されるのではないでしょうか

嫁ちゃんの実家が近い方が嫁ちゃん的に楽だろうと考えた

嫁ちゃんの実家が近い方が,嫁ちゃんも気を使わず過ごせるだろうと考えました。

ゆう
ゆう

子育て疲れとかもあるし,出来るだけ嫁ちゃんの楽になるように行動したいと思ったかな。

実際に僕の実家に行くときは,嫁ちゃんも気を使うので気が休まらない様子。

僕はどこででも図太く生きれるので問題無しです。笑

これを機に自分がしてみたい仕事にトライしたい

神戸で仕事していて『このままこの仕事続けてもな~』って思い始めていたのでタイミングでしたね。

ゆう
ゆう

興味があったり,挑戦したい仕事を片っ端から探してみたよ。

興味があったり挑戦したい仕事が見つかるまで探してみて,とりあえず応募してみました。

仕事が決まれば移住できるという感じです。

ちょうど神戸での仕事に対して,このままこの仕事をしてていいんだろうかという疑問があったのでタイミング的にはベストでした。

神戸では保育園に入れない

神戸では保育園の競争率高すぎてスタートラインにも立ててない感じがしました。

嫁ちゃんも1人目出産時に仕事を辞めており,二人産んだ後仕事を再び始めたいと思ったタイミング。

子どもを保育園に預けて仕事をしたいと思っている多くの人がぶつかるであろうジレンマに直面していました。

保育園に入れないと仕事始められないし,仕事してないと保育園に入れれない

ゆう
ゆう

沖縄に行けば神戸よりは子どもを預けやすいんじゃないかな。

沖縄は神戸よりも保育園に入れやすい

沖縄では那覇市や浦添市など人気の地域は競争率高いですが, 他の地域はは神戸に比べ入りやすいという情報がありました。

嫁ちゃん
嫁ちゃん

地元の友達に聞くと,そこまで保育園に預けるのは難しくないみたい。

嫁ちゃんの友達に話を聞くと意外とすんなり入れるみたいな話を聞いたんで,移住後落ち着いたら探し始めます。

スポンサーリンク

終わりに

いろんな理由や状況が組み合わさって移住に踏み切りました。

沖縄移住を考えた当初,いろんな人に相談したんですよ。

わざわざ移住しなくても良くない?

沖縄って仕事あるの?

等色んな人に意見をもらいましたが,相談してもほとんど意味がないことに気がつきました。

同じような経験をしていない人に変なことを言われてもあまり気にしなくてもいいと思います。

移住した事もない人に移住について相談しても思ってるような返答がないのは当たり前ですよね!

相談も転職についてとかだったら,中途入社の人は転職経験があるので話を聞いたりしてもいいと思います。

見えない未来は怖いですが移住を決めた時僕自身ワクワクしていました

何でしょう,根拠のない自信です。

移住生活を楽しみながらいろんなことにトライしていきたいと思います。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました