【移住希望者必見!!】移住経験者が伝授する沖縄への移住方法

おきなわ移住メソッド
この記事は約3分で読めます。

近年観光地としても移住先としても高い人気を誇る沖縄県。

誰しも一度は『沖縄に住んでみたいな』と考えたことはあるのではないでしょうか?

沖縄の魅力としては、豊富な自然や綺麗な海を思い浮かべる人も多いでしょう。

しかし他にも

  • 地価上昇率全国トップクラス
  • 観光客は右肩上がりで増加
  • 自然人口増加率が全国でも沖縄だけ

等の魅力があるんですよ。

そんな魅力溢れる沖縄に『住んでみたいけど何から始めたらいいんだろう』という方に向けて、僕の経験を元にお届けしていけたらと思います。

おきなわ移住までの大まかな流れ

先に移住している人たちは、どんなプロセスで移住しているのでしょうか。

今回は、僕が移住した時のプロセスについて紹介していきたいと思います。

大まかな流れと共に、それぞれ深掘りしている記事も書いているので、時間がある時にでもご覧ください。

おきなわ移住を決意

まずは沖縄へ移住するんだという決意から始まります。

当然なんですが、沖縄へ移住したいと思ってなかったら行動しませんよね。

ゆう
ゆう

例外として転勤がありますが、今回は希望者ということで。

まずは、理想の沖縄移住を妄想しながら行動する決意を固めましょう。

※しかし沖縄移住に特別感を抱きすぎるのも良くありません。あくまで引越しです。

参考までに僕が沖縄移住を決意した理由について、記事にまとめているので見てください。

仕事を探す

移住をするには、まず仕事を探しましょう。

とりあえず何も決めず、移住するのも良いと思います。

しかし僕の場合、家族がいて収入源は確保したかったので仕事探しから始めました。

住む家を探す

移住をするのに、住む家は必要になります。

実際仕事を探すのと、住む家を探す順番はどちらでも良いと思います。

僕の場合は転職が決定し、その職場のエリアによって住む場所を決めました。

移住を実行,引越し

仕事が決まり、住む家が見つかれば実際に移住を実行するフェーズです。

職場を元に住む場所を決めても良いし、住みたい場所があればそこに住んでみても良いと思います。

いきなり家を購入しない限りは、ある程度自由に選べると思うのでしっかり選びましょう。

僕が実行したプロセス

僕が実際に沖縄移住をどのようなプロセスで実行したかということを、具体的にnoteでまとめています。

人によって変わるプロセスですが、僕の移住プロセスを知りたい方は是非noteをご覧ください。

あなたはどのようなプロセスで移住しますか?

沖縄移住の大まかなプロセスを紹介しました。

実際は移住方法のプロセスに正解はありません。

自分の今の状況や沖縄に移住してからどのような生活を送りたいかによって変わってきます。

自分なりの移住方法を模索してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました