【移住希望者必見!!】移住2年目のが伝授する失敗しない方法

この記事は約4分で読めます。

近年観光地としても移住先としても高い人気を誇る沖縄県。

あなたも一度は『沖縄に住んでみたいな』と考えたことはあるのではないでしょうか?

沖縄の魅力としては、豊富な自然や綺麗な海を思い浮かべる人も多いでしょう。

しかし他にも

  • 地価上昇率全国トップクラス(需要UP)
  • 観光客は右肩上がりで増加
  • 自然人口増加率が全国でも沖縄だけ

等の魅力があるんですよ。

そんな魅力溢れる沖縄に『住んでみたいけど何から始めたらいいんだろう』という方に向けて、僕の経験を元にお届けしていけたらと思います。

スポンサーリンク

移住までの大まかな流れ

先に移住している人たちは、どんなプロセスで移住しているのでしょうか。

今回は、僕が移住した時のプロセスについて紹介していきたいと思います。

大まかな流れと共に、それぞれ深掘りしている記事も書いているので、時間がある時にでもご覧ください。

大まかな流れ

  1. 沖縄への移住を決意
  2. 仕事を探す
  3. 住む家を探す
  4. 引越し

1.沖縄への移住を決意

まずは“沖縄へ移住するんだ”という決意から始まります。

当然なんですが、沖縄へ移住したいと思ってなかったら行動しませんよね。

ゆう
サカセユウ

例外として転勤がありますが、今回は希望者ということで。

まずは、理想の沖縄移住を妄想しながら行動する決意を固めましょう。

※しかし沖縄移住に特別感を抱きすぎるのも良くありません。あくまで引越しです。

参考までに僕が沖縄移住を決意した理由について、記事にまとめているので見てください。

2.仕事を探す

次のステップは仕事を探す。

沖縄移住をすると決意した後は、仕事を探していきましょう。

仕事といっても、様々な形があります。

  • 会社員
  • フリーランス
  • テレワーク

移住するにあたって、働き方を決める事は非常に大切です。

働き方によって移住後の生活が変わるといっても過言ではありません。

いきなり沖縄移住はハードルが高いという人には、短期間でのプチ移住がおすすめです。

3.住む家を探す

移住をするのに、住む家は必要になります。

僕のプロセスとしては、仕事を決めて住む家を探しました。

ここに関しては、順番は逆でもいいです。

沖縄でこんなところに住んでみたいという願望から家を決めてもいいし、仕事を決めて職場から逆算して決めてもいいと思います。

都会の喧騒に疲れて沖縄移住を決めたのであれば、海の見える家でのんびり暮らしてもいいのでは?

あなたの移住理由や移住後の目指しているライフスタイルによって、住む場所と住む家を決めていきましょう。

4.引越し

仕事が決まり、住む家が見つかれば実際に移住を実行するフェーズです。

引越しに関しては、普通の引越しと移住はそこまで変わりません。

もちろん業者側は普通の引越しのようにトラックだけで作業する訳ではなく、海運業者と連携して引越し作業を行います。

なので料金的には少し違いますが、あまり幻想を抱きすぎると現実とのギャップに苦しみます。

引越しについてはできるだけ節約できた方がいいと思うので、引越し費用を抑える方法についてまとめました。

スポンサーリンク

あなたはどのようなプロセスで移住しますか?

今回は沖縄移住の大まかなプロセスを紹介しました。

大きな流れとしては、今回紹介した4ステップが移住のプロセスになります。

しかし実際は沖縄移住のプロセスに正解はありません。

あなたの今の状況や沖縄に移住してからどのようなライフスタイルを送りたいかによって、大きく変わってきます。

似ている方法をとっている人は多くいるかもしれませんが、全く同じ状況の人はいません。

あなたなりの移住方法を模索してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました